« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024ミヤザキモトクロスチャンピオンシップ第5戦(最終戦)

10月から始まったシリーズ戦も最終戦を迎えました。月曜まで雨の多かった1週間でしたが、当日はベスコンとなりました。MFJの地方選手権や全日本選手権の開幕も近づき、実践練習がてらの参戦ライダーさんも多く、遠方は沖縄、広島、山口からも参戦いただきました。各クラス盛り上がったレースとなりました。

150cc以下Aクラスヒート1、ジュニアライダーとベテランライダー入り混じって17台が出走。1周目トップ5は、#83江藤彪之介選手、#56是澤翔選手、#8瀬尾柚姫選手、#5原正人選手、#1三角真矢選手の順、7周目トップを走るジュニアライダーの#83江藤彪之介選手のミスをつき国際A級の#56是澤翔選手がトップに立ちそのまま1位でチェッカー。2位に惜しくも#83江藤彪之介選手。全日本レディースで活躍の#8瀬尾柚姫選手が初めて走るコースで3位と大健闘。4位には転倒で後方から追い上げのジュニアライダーの#50後當優斗選手。5位にはベテラン#5原正人選手が健闘。


ヒート2、ヒート1に続き#8瀬尾柚姫選手が好スタートを決め1周目トップでかえってくる。2番手に#56是澤翔選手。3番手に#5原正人選手。4番手に#56シリーズポイントリーザーの#1三角真矢選手。5番手に#50後當優斗選手。2周目には#56是澤翔選手がトップに。2番手#8瀬尾柚姫選手。3番手に#50後當優斗選手がアップ。4周目にはその後當選手が2番手まで浮上、3番手#8瀬尾選手。7周目#8瀬尾柚姫選手が転倒し順位を落とす。後ろからスタートして見事な追い上げの#83江藤彪之介選手が#50後當優斗選手をパスし2番手まで浮上。#56是澤翔選手が余裕でトップでチェッカー。2位に#83江藤彪之介選手。3位に#50後當優斗選手。4位に安定した走りでジュニアライダーの#7黒木翔太選手。転倒するも5位でゴールの#1三角真矢選手、3年連続シリーズチャンピオンを獲得した。

150cc以下Bクラスヒート1、モトクロッサー65ccが4台、CRF125Fが5台での出走。1周目トップの#33野口創司選手が2周目転倒し順位を落とす。2番手の#51後當優真選手がトップに立つと2番手以下を引き離し、そのまま1位でチェッカー。2番手にアップしたポイントリーダーの#27田崎颯人選手が2位でチェッカー。3番手にアップした#31押川圭一選手が3位でチェッカー。4位には1周目最後尾から追い上げて#39佐藤光選手。転倒するも#47川路颯葵選手が5位。

ヒート2、ヒート1悔しいレースとなった#33野口創司選手が1周目からトップを走り1位でチェッカー。1周目から2位の#51後當優真選手が2位でチェッカー。1周目5番手から追い上げた#27田崎颯人選手が3位でチェッカーでシリーズチャンピオンを獲得。4位にはベテラン#32小原武選手。5位に#47川路颯葵選手。

250/450ccクラスヒート1、MFJ・NAライダーや初出場のライダーを含む13台が出走。1周目からトップの#2豊丸良選手がトップを守り1位でチェッカー。1周目から2番手の#31江崎虎太郎選手がそのまま2位でチェッカー。3番手争いは#298山本堅市選手と#51押川智美選手が入れ替わりながらの走行。5周目以降3番手を守った#298山本堅市選手が3位でチェッカー。4位に#51押川智美選手。転倒するも5位でチェッカーは#41久保田真透選手。

ヒート2、1周目からトップ3は変わらず、#2豊丸良選手が圧倒的な速さでトップでチェッカー。安定した走りで#31江崎虎太郎選手。3位にベテラン#41久保田真透選手が健闘。4位には1周目8番手から追い上げて#75植松崇選手が大健闘。5位にバテながらも#96佐藤則幸選手が健闘。その他でもあちらこちらで激しいバトルが繰り広げられました。

110ccクラスヒート1、今シリーズから新設されて最多の8台が出走。小学生とおじさまライダーの対決。1周目から小学5年生の#30田崎颯人選手がトップを独走し1位でゴール。2番手争いを制したのは、おじさまライダーの#50是澤淳選手。惜しくも3位には小学6年生の#46田上晃太選手。4位には追い上げて#54松井貞章選手。5位にはこのクラス初参加の#11中村利光選手。

ヒート2、#30田崎颯人選手が終始トップを走り1位でチェッカー、シリーズチャンピオンを獲得。150cc以下Bクラスとダブルタイトル獲得を成し遂げた。2番手争いは激しく、前半は#50是澤淳選手が2番手、その後#46田上晃太選手が2番手、しかし最終ラップで#54松井貞章選手が2番手にあがるとそのまま2位でチェッカー。惜しくも3位に#46田上晃太選手。4位に#50是澤淳選手。5位にはレディースの#43小原里桜選手が健闘。

50ccクラスヒート1、年齢ライセンスともフリーのこのクラス、今回は小学生5名がエントリー。#7谷口充樹選手が圧倒的な速さで両ヒートを制し、シリーズチャンピオンを獲得した。両ヒート逃げ切って2位を守ったのは#8田崎瑛斗選手。田崎選手を追い詰めるも惜しくも両ヒート3位には#827本田亜蘭選手。レディースの#1谷口暖栞選手と#15押川玲菜選手も今シリーズ成長をみせた。

リザルト.pdf

マイラップスデータ

ランキング.pdf

写真(ダウンロードOK期間限定)

 50cc

 110cc

 250/450cc

 150cc以下B

 150cc以下Aその1

 150cc以下Aその2

 表彰式

・動画は下の方にあります

 

※協賛・ご協力 アクロス&マッハ1様、江崎農園様、オートショップ弥生様、佐藤則幸様、原正人様、ブリヂストン様、和光ケミカル様、moto tubu様、他、ありがとうございました。

Img_6996 Img_6848 Img_6603 Img_6493 Img_6396

 

表彰台に登壇のみなさん、おめでとう。順に50cc、110cc、250/450cc、150cc以下B、150cc以下A。

Img_8094 Img_8110 Img_8128 Img_8144 Img_8155

 

シリーズランキングも決定。ランキング表彰。おめでとう。順に50cc、110cc、250/450cc、150cc以下B、150cc以下A。各クラスのチャンピオンのみなさんにはチャンピオンTシャツが送られました。

Img_8170 Img_8173 Img_8179 Img_8185 Img_8193 Img_8258

50_20240226144101 110_1_20240226144101 110_2_20240226144101 250_1_20240226144101250_3 250_2_20240226144101 150b_1_20240226144101 150b_2_20240226144101 150a_1_20240226144101 150a_2_20240226144101 150a_3_20240226144101

動画紹介

 moto tubeさん。まずはヒート1。

 

ヒート2

 

 

 

 

シボレーエクスプレス(トランポ仕様)中古車

No.2841 シボレーエクスプレス 中古車(トランポ仕様)

リアルウッドフローリング貼りトランポ仕様です

車両本体価格 1,320,000円 (消費税抜本体価格 1,200,000円)
・メーカー 排気量 シボレー 5700cc
・年式 2000年
・車検 無
・走行距離 不明
・色 パールホワイト
・AT、左ハンドル、社外マフラー・アルミホイール、ローダウン、PS、PW、AC、ETC、バックモニター他
・車体番号末尾 387

※このページに記載されている価格は車両本体(消費税込)。保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
お問い合わせは(有)丸三モータース本社 TEL 0983-27-0521まで

2841_001 2841_002 2841_003 2841_004 2841_005 2841_006 2841_007 2841_008 2841_009 2841_010 2841_011 2841_012 2841_013 2841_014 2841_015 2841_016 2841_020 2841_018 2841_021 2841_017 2841_022 2841_023

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ